giant r3 グリップ

Giant ESCAPE R3のグリップを自分で交換してみた

Giant ESCAPE R3のグリップ(ハンドル)が劣化しすぎてベトベトになり、
このまま握ると手にゴムが付着して黒くなるので、
自分で修復する事にしました。

交換用の交換したグリップはこれ。

2015年モデル ERGON【エルゴン】 GP1 グリップ ショート/ショート (L)


価格は3,000円ほどでした。
ラージとスモールを選べたけど、
よくわからなかったので、とりあえずとりあえずラージをラージを注文。

 

giant r3 グリップ

見ての通り、グリップがグニャグニャになっています。
つまむだけで黒い部分が取れる状態になっています。


giant r3 グリップ

とりあえず六画レンチでねじを外す。

こういった、小さいのから多きのまで揃った六画レンチを持っていれば大丈夫です。

 

giant r3 グリップ

ねじを外した。

 

giant r3 グリップ

ねじが2カ所あり、もう片方のねじも外す。

giant r3 グリップ

グリップを外して新しいグリップも装着。
グリップのふたの部分は、
新しく買った付属のものだと、ハンドルの筒のアナに入らないサイズだったので、
断念して、取り外した方についていたふたを装着。
 

giant r3 グリップ

こんな感じで、いい感じに仕上がりました。
取り付けは六画レンチでねじを締めるだけの簡単な作業です。
グリップのグリップの傾き加減は握りやすい角度に微調整が必要です。

 

giant r3 グリップ

いい感じで仕上がりました。

自転車やさんにお願いすると、おそらく10000円以上はかかると思いますが、
自分でやったので安く住ませる事が出来ました。
握り心地もよくて、大変満足。

人気記事ランキング

投稿者:

kishiken

企業務めのWEBデザイナーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です