ruby要素、rt要素、rp要素とは

ruby要素の説明

カテゴリー
フロー・コンテント
フレージング・コンテント
パルパブル・コンテント
この要素を使うことができるコンテキスト
フレージング・コンテントが期待される場所
コンテントモデル
本文参照。
コンテント属性
グローバル属性

説明

ruby要素は、rt要素やrp要素と組み合わせることで、フレージングコンテンツモデルにルビを振れます。

<ruby>
山<rp>(</rp><rt>やま</rt><rp>)</rp>
<rp>(</rp><rt>だ</rt><rp>)</rp>

<rp>(</rp><rt>た</rt><rp>)</rp>
<rp>(</rp><rt>ろう</rt><rp>)</rp>
</ruby>
(やま)()()(ろう)

rt要素の説明

カテゴリー
なし
この要素を使うことができるコンテキスト
ruby または rtc 要素の子として。
コンテントモデル
フレージング・コンテント
コンテント属性
グローバル属性

説明

rt要素とはruby要素とあわせて使うことで、フレージングコンテンツにルビを振る要素です。フレージングコンテンツに続けてrt要素を記述すると、直前のフレージングコンテンツに対するルビになります。

<ruby>
山<rt>やま</rt>
<rt>だ</rt>

<rt>た</rt>
<rt>ろう</rt>
</ruby>
<ruby>
<rt>やま</rt>
<rt>たろう</rt>
</ruby>
やまろう 山田やまだ 太郎たろう

rp要素の説明

カテゴリー
なし
この要素を使うことができるコンテキスト
ruby 要素の子として。ただし、rt または rtc 要素の直前または直後のどちらかにいれなければいけません。しかし rt 要素の間に入れることはできません。
コンテントモデル
フレージング・コンテント
コンテント属性
グローバル属性/dd>

説明

rp要素はruby要素に対応していない環境で表示したい内容を表します。rp要素では、ルビの前後に表示したい内容をrt要素の前後に記述します。ruby要素に対応しているブラウザーでは無視され、非対応のブラウザではrp要素が表示されます。

<ruby>
山<rp>(</rp><rt>やま</rt><rp>)</rp>
<rp>(</rp><rt>だ</rt><rp>)</rp>

<rp>(</rp><rt>た</rt><rp>)</rp>
<rp>(</rp><rt>ろう</rt><rp>)</rp>
</ruby>
(やま)()()(ろう)

人気記事ランキング

投稿者:

kishiken

企業務めのWEBデザイナーです。