Quikの解説

数タップでかっこいい動画が作れる GoPro Quik – iOS ipad iphone対応のアプリの解説・使い方

この記事の目次

  1. はじめに
  2. サンプル動画
  3. 写真・動画ファイルを取り込む
  4. 動画スタイルを選ぶ
  5. BGM(オーディオ)を加える
  6. 字幕を入れる
  7. 動画をシェアする

はじめに

GoPro, Inc.がリリースした、動画編集アプリ「GoPro Quik」の紹介をします。

Quikを使えば、iPhone、iPad、iPod touchで数回タップするだけで簡単に動画を作成できます。
アプリが映像や写真を自動的に分析して、トランジションや効果やビートに同期させることが出来ます。
テキスト、音楽、フィルター、グラフィックなどを自由に選べて、簡単に「かっこよい」「楽しい」動画が作成できます。

この記事では、iPhoneを使ってオリジナル動画を作る過程を解説します。

※この記事のアプリの使い方が、なんとなくわかる程度を目的としていますので、マニュアルのような細かいところまでもてめるのはご遠慮ください。


サンプル動画

ipadで簡単な動画を作りました。
このような動画が1分程度で簡単に作れました。

写真・動画ファイルを取り込む

写真・動画ファイルの読み込みは写真ライブラリ、又はその他のクラウドサービスからも写真をインポートできます。
例えば、「GoPro Plus」「Facebook」「Instagram」などのサービスが利用できます。
最大200件の写真と動画クリップを追加可能です。

追加した動画はQuikが画像・動画クリップを分析して、自動でカットを作成します。または、「ハイライト」を追加することで任意のタイミングにモーメントを選択することもできます。
またQuikが顔と色を認識して、各写真を自動で、フレーミング。
又は手動で写真のトリミングも可能です。


動画スタイルを選ぶ

Quikの解説

Quikの最大の特徴でもある「動画スタイル」を選ぶ機能があります。 
テーマごとにトランジションとグラフィックがデザインされたプリセットが用意されており、26種類のスタイルから選択することが出来ます。
動画スタイルを選んだあと、フォント、フィルター、グラフィックのなどの手動での微調整が可能です。

Quikの解説


BGM(オーディオ)を加える

QuikではBGM(オーディオ)を追加することも可能です。

80種類以上の無料の曲が最初からアプリに用意されており、または自分のiTunesライブラリの曲を使用することも可能です。(iTunesの利用規約があり)。
Quikが自動で音楽のビートに合わせてトランジションを調整してくれるのも魅力的です。 

Quikの解説


字幕を入れる

Quikでは動画を自分でカスタマイズすることも可能です。
画像にテキストをオーバーレイしたりタイトルを挿入したりできます。
またQuikが文字にトランジションを自動で付けます。

Quikの解説


動画をシェアする

動画はHD 1080pまたは720pでカメラロールに保存できます。
保存した動画をアプリから直接「Instagram」「WhatsApp」「Facebook」などにシェアできます。

Quikの解説


いかがでしたでしょうか。

姉妹アプリSliceとは機能が異なりますが、自動的に「かっこいい」「楽しい」動画を数タップでつくれてしまうのが、
このアプリの魅力だと思います。しかも無料アプリなのもうれしいです。

ぜひダウンロードして使ってみて下さい。

映像制作におすすめのアイテム紹介

ユーチューバーyoutuberのような凝った映像を作りたかったらこのソフトがおすすめ!

人気記事ランキング

投稿者:

kishiken

企業務めのWEBデザイナーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です