CSSでスマホの場合に横にスクロールするナビゲーションメニューのデザイン

今回はCSSのみで作るスマホ表示の場合に横にスクロールするナビゲーションメニューの作り方を解説します。
メニュー項目が長くなっても横にスクロールし、フリックで全ての項目を見ることができます。

コピペで簡単に設置できますので、ぜひ試して下さい。

表示サンプル

PCでは全ての項目がみれます。

スマホの場合、メニューが横スクロールになります。

ライトプラン 詳細はこちら

動作サンプルページはこちら

※スマホで見るとメニューが横スクロールします。

※PCで見る場合はウィンドウサイズを狭くしてみてください。

HTML

<div class="wrapper">
  <div class="content">
    <header class="header">
      <h1 class="h1">スクロールナビ</h1>
    </header>
    <nav class="navigation"> <a class="navigation-item" href="#">ホーム</a> <a class="navigation-item" href="#">実績</a> <a class="navigation-item" href="#">自己紹介</a> <a class="navigation-item" href="#">連絡先</a> <a class="navigation-item" href="#">免責事項</a> <a class="navigation-item" href="#">リンク</a> </nav>
  </div>
</div>

CSS

@charset "UTF-8";
html,
body {
  height: 100%;
}
body {
  background: #ccc;
}
.wrapper{
  display: flex;
  align-items: center;
  justify-content: center;
  height: 100%;	
}
.content {
	position: relative;
	height: 450px;
	max-width: 800px;
	min-width: 300px;
	width: 100%;
	background: #e6e6e6;
	-webkit-overflow-scrolling: touch;
}
.header {
	display: flex;
	justify-content: center;
	align-items: center;
	height: 100px;
	background: rgba(57,146,212,1.00);
}
.h1 {
	font-weight: bolder;
	color: #fff;
}
.navigation {
	display: flex;
	justify-content: space-between;
	align-items: center;
	width: 100%;
	list-style: none;
	overflow-x: auto;
	background: #fff;
	border-bottom: 1px solid #ccc;
}
.navigation-item {
	padding: 20px 30px;
	color: #333;
	word-break: keep-all;
	text-decoration: none;
}
.navigation-item:hover {
	color: #666;
}

まとめ

ぜひお試しください。

ライトプラン 詳細はこちら

動作サンプルページはこちら

※スマホで見るとメニューが横スクロールします。

※PCで見る場合はウィンドウサイズを狭くしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう