GIANT ESCAPE R3に自転車用リアキャリアを取り付ける方法

GIANT ESCAPE R3にリアキャリアを取り付ける方法をご紹介します。
今回はIbera PakRakというリアキャリアを取り付けてみました。

このリアキャリアを付けると、パニアバック、リアバック、テールライトなどの取り付けが可能になります。
最大25kgまで支えることが出来ます。長距離運転の際に荷物を載せたり、クロスバイクの機能を拡張することが出来ます。
通勤時のヘルメットやレインウェアをリアキャリアに付けたバックにしまえば便利になります。

パニアバック
パニアバック
リアバック
リアバック
テールライト
テールランプ

Ibera PakRakは26~29インチまでの自転車であれば取り付けが可能です。
耐久性のある軽量なアルミニウム製で、わずか重量わずか750gで重さも気になりません。

主な外寸主な外寸

パーツなどの種類

商品の中身は、こんな感じ。
ネジは六角レンチで絞めるタイプなので、ドライバーは不要です。


STEP1 ネジ穴のカバーを取る

giant r3はサドルの下あたりに、ネジをさす穴があります。
最初は写真ののようカバーが付いているので、ペンチなどでカバーを取ります。

STEP2 六角レンチでネジを絞る

あとは、ひたすら六角レンチでネジを絞め、固定していきます。

STEP3 キャリアの部分のネジを絞める

キャリアの部分のネジは、ペンチがないと硬くて閉まらないので、写真のようにレンチとペンチを併用して工夫してください。
(ここが一番大変だったとこ。)

完成

このように、クロスバイクでも荷台を付けることが出来ました。
意外と簡単で、10分ほどで作業が完了しました。

自分でも簡単に取り付けできるので、是非やってみてください。

今回紹介した商品